オーディオレビュー



どこぞのオーディオ雑誌のようにボキャブラリーをこねくりまわして長々と説明するのもアレなので、超シンプルにオーディオをレビューします。
まぁレビューっていうより紹介に近いです。

レビューしてるオーディオはもちろん全て所持している物か過去に持っていた物だけ。ちなみに全部を紹介している訳ではないです。

■ヘッドホン

ゼンハイザー HD599
実売価格 3万円前後

HD598の後継モデル。相変わらず装着感は抜群。
ぶっちゃけHD598との違いはそこまで無い。良く言えば安定してるけど、598を持ってるなら無理して買う必要ないかも。
既にHD598を持っててHD599を買うなら、同じ値段で別のメーカーのヘッドホンを買って違いを楽しんだ方が良さげ。
ちなみに俺はHD598が大好きすぎるので、なんかこう義務感のように買いました。今ではHD599が最高のパートナー。

ゼンハイザー HD598
実売価格 2万6000円くらい

言わずと知れた超名機。最高の装着感は他の追随を許さない。
オープンエアーだけど低音は良くなる。あと当たり前だけど音漏れはハンパじゃない。
ロック、パンク、メタルを聴いてると「ちょっとこれは苦手なジャンルか?」と思う時がたまにあるかも。
とは言えやはり名機に違いはない。まとまりのある音が最大の特徴で聞き疲れしない。装着感の良さと相まって長時間リスニングに打ってつけ。

オーディオテクニカ ATH-WS1100
実売価格 2万2000円くらい

SOLID BASSシリーズ。やはり低音の強さが特徴。
HD598or599と違って全体に広がる低音。HD598or599は中心からドンッと締まった音を鳴らすけど、WS1100は低音の主張が激しい。
ちなみに下位モデルの770とかを買うくらいなら絶対にWS1000を買った方が良い。音の明瞭さがかなり違う。

SKULL CANDY  CRUSHER
実売価格 1万円ちょっと

サブウーハーと振動機能を搭載している変わり種のヘッドホン。
振動機能は最初こそ感動するけど、慣れるとそんなに良いものでもない。
そして振動機能を消してウーハーもゼロにするとあまり特徴のない何とも言えないヘッドホンになるが、意外と音のバランスが良く高音がそこそこ綺麗だ
ったりする。
もちろんサブウーハーの音量をマックスにした時の低音の量はハンパない。

SHURE SRH440
実売価格 8000円くらい。でも俺は5000円くらいで買った記憶がある。

モニタリングヘッドホン。かなり有名なモデルだが、今さら440を率先して買う必要ないかも。
まずゴツいし重い。そして装着感はかなり悪い。長時間のモニタリングはキツイと思う。
でもやっぱり原音に忠実な音色は流石というべきか。ワゴンセールとかで安く売ってたら買ってみても良いと思う。
音自体はとにかく綺麗で人気があるのも頷けるが……やはり装着感の悪さがネック。ちなみに作りは結構チープ。

AKG K530 
実売価格 もう新品で見つけるのは難しい。

昔はこれをメインで使ってた。HD598と似た傾向のヘッドホンだが、こっちの方が低音の底が熱くて高音が刺さるかも。
かなり長い期間メインで使ってたけど、HD598を買ってから存在を忘れられた。

JBL J55
実売価格 もう新品じゃあんまり売ってない。多分4000円前後。

オンイヤータイプ。小さいけど低音は良く出る。JBLが好きで低音が好きでオンイヤーを探していて、そこそこ安く売ってたら買いかも。
でもそんなに新しいモデルではないし、無理して買う価値はないかと。

パイオニア SE-MJ751
実売価格 6000円前後。

ダイヤルで低音の音量を変えられるオンイヤータイプのヘッドホン。
3000円〜4000円くらいで売ってたら買っても良いかなというレベル。音自体は値段の割には良く出来てる。
でも装着感がすこぶる悪い。耳に付けるとすげぇ痛い。この最悪な装着感が全てをダメにしてる。
装着感さえ良ければサブヘッドホンとして活躍してくれそうなんだけども……。

DENON AH-D310
実売価格 3000円くらいで買えると思う。

オモチャ。作りは超チープ。敢えてこれを選ぶ理由は無いだろう。

■イヤホン

キャロットワン TITTA
実売価格 9000円くらい。でも俺は5000円くらいで買った気がする。

イタリアメーカーが作ったイヤホン。キャロットワンは元々真空管アンプで有名。
これはかなり独特なイヤホン。高音と中音の出し方が日本メーカーのそれとかなり違う。
クラシックとかジャズを聴くと最高。ロックやポップはあまり向かない。ぼわぼわした音になる。
女性ボーカルはかなり刺さるかも。とにかく人を選ぶイヤホンだけど、クラシックとジャズが好きな人にはオススメ。

口コミではかなり評判が高いイヤホンだけど、物足りなさを感じる人は多いと思う。良くも悪くもクセがある。
ついでに言うと一応カナルタイプではあるが、どちらかと言えばインナーイヤーとカナル型の中間地点みたいな形状をしている。

ちなみにあと3000円くらい出せば上位モデルのSUPER TITTAを買える。
まぁTITTAを欲しいと思ったらSUPER TITTA一択でしょう。

JBL J33
実売価格 6000円くらい? もう新品じゃ売ってない。

低音のドスドスくらいがハンパじゃない。安物イヤホンでこの低音の鳴りっぷりは素直に満足。
特にComplyイヤチップで聴くと低音の量も質も増す。

もしどこかの店で5000円以下で売ってたら、低音好きな人は買ってみて良いと思う。
ただケーブルが平面っぽい形で割りとかさばるから、ケーブルの取り回しが良いとは言えない。

JBL T290
実売価格 2500円〜3000円くらい。

安物イヤホンだがかなりオススメ。
低音は十分に鳴ってくれるし、高音も最低限は良く響く。
高音の伸びは丁度良い。TITTAは伸びて刺さりすぎると感じる時があるが、T290ならそう感じる事は少ないと思う。

安物でそこそこ低音が出てバランスの取れたイヤホンを探してる人はリストアップしてみて損はない。
ただやはり安物には違いないので、音の広がりとか鮮明さに過度な期待はしないように。

ゼンハイザー CX300
実売価格 覚えてない。

かなり昔のイヤホン。学生時代は長年これを使い続けてたんだけど、専門学校生の時に学校で無くした。

AKG K330
実売価格 分からん。

これも相当昔のイヤホン。CX300を無くした後に買ったけどあまり好きな音じゃなかった。
なんか全体的に音がスカスカで楽しいイヤホンじゃない。
このK330が好きになれなかったせいで、これ以降AKGのイヤホンには手を出していない。

■スピーカー

DALI ZENSOR1
実売価格 3万円前後。でも俺は2万円ちょっとで買った記憶が……。

説明するまでも無い名機。3万前後でスピーカー欲しかったらまず候補に入れたい。
でも今ならPICOを買った方が良いと思う。

DIATONE DS-66Z
実売価格 オークションで6000円くらいで買った。

1990年発売。ペアで9万2000円。オーディオにハマり始めた頃にオークションで買った。
どうでも良い話になるけど1990年は俺の誕生年。んでこれを買ったのが多分2012年頃かな。21歳か22歳の頃に買ったはず。

まぁざっくり言うと86年前後に星の数ほど発売された598的なスピーカー。大型の3ウェイです。
66Zを悪く言う人がたまにいるけど間違いなくこれは名機。
オークションで安く売ってたら是非買ってみてほしい。

実家に住んでた時はこれでガンガン音を鳴らしまくってたんですが……。マンション暮らしの今はもう大きな音は鳴らせない。

ケンウッド LS-11ES
実売価格 オークションで5000円くらい。

1989年発売。ペアで56000円。
中型の3ウェイスピーカー。低音の鳴りっぷりは最高。
低音の量感はマジで一線を画しています。そして質も上々。底から唸るように響く低音が本当に素晴らしい。
ちなみにサイズはそこまで大きくないのでカラーボックスの上でも置けます。

低音が本当に魅力的なので、オークションとかハードオフでそこそこ安く売ってたら是非買ってみて下さい。
ケンウッドとか今じゃ落ち目の安かろう悪かろうのメーカーですが、昔のケンウッドのスピーカーは良い物が多い。

ONKYO D-NX10
実売価格 生産完了品。

低音がやたらとドスドス鳴る。でもやたらと音が全体的にこもってるのが難点。
高校時代に1万円くらいで買った。しばらくはこれをメインで聴いてたから思い出深いスピーカーではある。

■ヘッドホンアンプ

iFiオーディオ nano iDSD
実売価格 2万5000円から2万8000円くらい。

ハイレゾ音源対応。イギリスのメーカーです。
据え置きでもポータブルでもイケるヘッドホンアンプ……だけど、ポータブルするには重いしでかいしかさばる。
俺はヘッドホンアンプはこれしか持ってないから他機種と比較は出来ないけど、評判はすこぶる良い。

ちなみにTEACの小型プリメインアンプのヘッドホン端子を比べてみると、
明らかにiDSDの方が良い音を鳴らす。全体的に明瞭で締まった音になる。特に高音の明瞭さが目立つ。

■プリメインアンプ

TEAC A-H01
実売価格 俺は2万5000円くらいで買った。

生産完了品。小型のプリメインアンプ。いわゆるPCオーディオ用です。
とにかく小さいんだけど、これ一台でスピーカーとヘッドホンで音楽が聴けて、
おまけにハイレゾ音源対応でしかも光デジタル端子を搭載している。

個人的には光デジタルの存在が有り難い。これのおかげでPCとプレステ両方に繋げる事が出来る。
まさに一台で何でも出来る超便利屋といった製品。
生産完了だけど、新品だろうが中古だろうが安く手に入る機会があったら購入を考慮しても良いと思う。
特にプレステから光デジタル端子で接続してスピーカーで音楽を聴きたい人にオススメ。
PCオーディオとしては……TEACを含めて他にもっと似たような新しい製品があるので、そっちにした方が良いだろう。

DENON PMA-390SE
実売価格 旧型。確か2万4000円くらいで買った。

REが出てるのでもはや空気。コテコテのプリメインアンプ。
実家で暮らしてた時はDIATONEのDS-66Zと組み合わせてた。

ONKYO MA-500U
実売価格 生産完了品。

もはや存在を完全に忘れられているWAVIOシリーズのアンプ。USB一本でパソコンと接続出来る。
高校時代にD-NX10と合わせた買った。

■レシーバー

ケンウッド R-K700
実売価格 もう売ってない。確か2万3000円くらいで買った。

とっくのとうに生産完了。Kシリーズのレシーバーです。
高校時代にバイト代貯めて買った。良くMDを聴いてたんだけどMDを普通に聴いてたとか時代を感じる……。
これ一台でアンプとプレイヤー(CDとMD)とチューナーの機能を持っていて、多彩なイコライザー機能があるのも特徴だった。
学生時代はずーっとこれを愛用していた。思い出深い製品の一つ。

■プレイヤー

マランツ CD4000
実売価格 分からん

2000年発売のエントリーモデルのCDプレイヤー。
オークションで買ったんだけど値段を一切覚えてない。当時の価格も知らん。
音質……も覚えてない。

■ホームシアター

パイオニア HTP-S313
実売価格 2万円ちょっとで買った。

高校時代か専門学校時代に買ったホームシアターセット。アンプ内蔵と6個のサテライトスピーカーの組み合わせ。
サテライトスピーカーが本当に小さいから置き場所に困らずに便利だった。
でも一人暮らしを始める時にハードオフで売った。その売価なんとビックリ300円。舐めてんのか。



他にも書いてないオーディオは沢山あるけど割愛。



TOP